ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント


ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)は、金属粒子(鉄・クロム・マンガン・イオウ・リン・珪素・炭素)を身体に接触させることで、「圧刺激」と汗や体液などと反応して「酸化(サビ)」を伴う刺激を身体に与え、鍼治療と同等の作用メカニズムでコリや痛みを緩和します。
ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント
  • 東京都 Tさん(40代)

    鍼に美容効果があることは知っていたので、以前は美容鍼に行ってましたが痛くて正直行くのが億劫でした。
    アキュライフは痛くないし、自分で貼れるので助かっています。
    悩みのほうれい線も目立たなくなり、顔がキュッとした気がします。
  • 広島県 Kさん(50代)

    肩凝りと腰痛、また目の疲れなどあり、アキュライフを試してみました。
    30分くらいすると、凝りや疲れが取れて来て、とっても楽になります。
    頭の中の血管の脈打っている感じも収まってきます。
  • 三重県 Nさん(40代)

    小児喘息に鍼治療が効くと聞いたのですが、子どもが鍼を怖がるため診療が受けられずにいました。
    アキュライフに出会い使ってみたところ、喘息の症状が徐々に緩和してきたようです。
    今では子どもが自分でアキュライフを貼るようになっています。
  • 埼玉県 Sさん(30代)

    顔と足のひどいむくみに悩んでいました。
    鍼治療に興味はあるが痛いのはイヤだなと。
    そんな時にアキュライフを知り、鍼をささないうえに貼るだけという手軽さに惹かれて使ってみました。すぐに効果を感じ、顔も足もすっきりと!
    鏡を見るのが楽しくなりました。
  • 神奈川県 Oさん(40代)

    健康ドリンクなど色々試してみても効果がない、ガチガチになった肩と首にアキュライフを使ってみました。
    しばらくすると温かく感じられ肩の重みが緩和されました。また、気になっていた目の下のクマも目立たなくなり、フェイスラインがすっきりした気がします。
  • 京都府 Tさん(60代)

    身体全体の疲れが続いていたとき、知人の勧めでアキュライフを使ってみました。
    使い始めて3ヶ月、熟睡できて体調も明らかに回復。
    仕事が忙しいときでも鍼灸治療ができるアキュライフのおかげです。
※個人の感想であり、効能・効果を保証するものではありません
  • 1日何個ぐらい使用したらよいですか?
  • 個人差ございますが、1日10個程度位をおすすめしております。
  • 1箱で何日ぐらい使用できますか?
  • 1日最大10個ご使用いただいた場合、15日間ご使用いただけます。
    (300粒の場合は30日間)
  • 毎日使用しても大丈夫ですか?
  • 問題ございません。入浴後の清潔なお肌にご使用ください。
  • シールがはがれなければ、ずっと貼り続けていても大丈夫ですか?
  • 衛生面や皮膚トラブルを考慮し、毎日貼り変えることをおすすめいたします。
  • 水に濡れても大丈夫ですか?
  • 濡れても問題ありませんが、はがれやすくなります。衛生面も考慮し、はずしたり、貼り変えることをおすすめいたします。
  • 化粧水やクリームを塗った後、アキュライフを貼っても大丈夫ですか?
  • はがれやすくなりますので、化粧水やクリームをつける前に貼るか、貼る部分を避けてご使用ください。
  • 1日貼って痒くなった場合はどうすればよいですか?
  • 貼る時間を半日にするか、様子をみてはずしてください。
ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント ご愛用者10,000人突破記念クーポンプレゼント
  • 【使用方法】
  • ●貼る前に皮膚の脂や汗をよく拭いてください。
    (入浴後、又は皮膚を清潔にした後に貼ると良いです。)
  • ●切り込みをひねりシールの片側を浮かせてはがしてください。
  • ●1枚ずつ台紙からはがし、治療点にしっかり貼ってください。
  • ●治療点は個人差があります。治療点(経穴・ツボ)や、こり、痛みの部分を指先等で押し、よく感じる点に貼ってください。
  • 【保管上のご注意】
  • ●直射日光を避け、乾燥した涼しい紫外線のあたらない所で保存してください。
  • ●冷蔵庫での保管はテープが劣化しますので避けてください。
  • 【使用上の注意】
  • ●かぶれ易い方は1~2枚で経過をみた上でご使用ください。
  • ●金属アレルギーの方は、医師と相談の上でご使用ください。
  • ●使用中に体に異常を感じた場合、使用を直ちに中止してください。
  • ●貼付部に発疹・発赤・かゆみ等の異常な症状が現れた場合は、使用を直ちに中止してください。
  • ●使用中に痛みや疲労感が増す「灸あたり」の症状が見られた場合は全部はがし、症状が治まってから数を少なくして貼ってください。
  • ●かぶれを防ぐために毎日貼りかえ、同じ場所に貼る時は位置を少しずらして貼ってください。
  • ●使用後、皮膚に貼付跡が残ることがあります。通常は数日で消失しますが、体質や体調で色素が残る場合もあります。
  • ●強い紫外線にあたる時は顔など外観上気になる箇所へは貼らないでください。